アフターピルと黄体ホルモン、体温上昇の関係

何らかの原因で避妊に失敗してしまったという場合、望まない妊娠を防ぐために緊急避妊を行うのがアフターピルの役割です。日本では2つの種類のアフターピルがあり、いずれも完全な避妊効果を得ることが出来るとは言えません。しかし、正しい方法で服用することにより、高い避妊効果を期待することが出来ます。
アフターピルを服用することで、排卵後の高温期のような状態になります。排卵後には通常、黄体ホルモンが分泌されるのですが、アフターピルを服用することにより、黄体ホルモンが分泌されている状態になります。その結果、通常よりも体温が上昇することになります。
また、副作用として強い吐き気や頭痛、下腹部の痛み、イライラ感などを感じることもあります。このような症状は、数時間から半日程度で緩和するのが一般的です。
アフターピルは用量・用法を厳守することが大切です。多めに飲んでしまうと、副作用が起こる確率が高まりますので、注意が必要です。また、他の薬を飲んでいるという場合には、併用するのは避けたほうが無難です。心配であれば、服用前に医師に確認するようにしましょう。
アフターピルによる避妊効果は、性交渉何時間後に服用したのかにより大きく異なります。性交渉後72時間以内に服用することにより、高い効果を得ることが出来ます。なお、72時間以内に服用することが出来なかったという場合でも、避妊効果が全く無いというわけではありませんので、不安な場合には、医師に確認し服用するようにしましょう。
アフターピルは、日本国内では産婦人科医院などで処方される薬です。個人輸入などでも購入することが出来ますが、その場合には全てが自己責任となりますので、服用の際には用量・用法を確認するようにしましょう。