着床後では遅い!保険が効かないアフターピル

アフターピルは性交渉中にコンドームが破れてしまったり、望まない性交渉によって妊娠してしまうのを防ぐためのものです。アフターピルの成分は女性ホルモンで、服用することにより女性ホルモンのバランスを一時的に崩して子宮内に受精卵が着床してしまうのを防ぐ効果があります。アフターピルを服用することで女性ホルモンのプロゲストロンが増加することにより、排卵を遅らせたり受精卵が子宮に到達するのを防ぐ、精子の動きを鈍くするという効果を発揮することにより、受精卵が着床して妊娠してしまうのを防ぐ働きがあります。受精卵が着床してからでは遅いため、性交渉から72時間以内に服用しなければいけません。また、アフターピルの服用は早ければ早いほど避妊効果が上がるため「72時間になっていないから」とゆったり構えずに、すぐにでも処方してもらって服用した方が避妊効果が上がります。アフターピルを服用すると急激に女性ホルモンの分泌量を変化させるため、女性の身体に与える影響も大きく、吐き気や嘔吐、むくみなどの副作用が起きる可能性があります。そのため、あくまで緊急用の避妊薬として使用するもので、性交渉の後に毎回使うことのできる避妊薬ではありません。コンドームや低用量ピルで避妊を行ったうえで、それでも避妊に失敗した場合にのみ使うようにしましょう。
アフターピルの処方は産婦人科などで行われていますが、全ての産婦人科が処方できるわけではありません。生理不順やPMSで処方されるピルは低用量ピルですが、アフターピルは中用量ピルで薬の種類が違うため、取り扱っていないところもあるためです。また、アフターピルの処方には健康保険が適用されません。病院によって違ってきますが、治療費と薬の代金で1万円近くかかるところもあります。