子宮内膜症にはアフターピル?ロキソニン?

子宮内膜症とは、本来子宮の中でしかできないはずの子宮内膜が子宮以外のところで増殖し剥離している状態のことを指します。

子宮の中でできた子宮内膜はいずれ剥がれ落ちて生理として体内に排出されますが、子宮以外のところで増殖した子宮内膜は腹腔内にとどまり癒着や不妊の原因になります。

子宮内膜症になると腹痛や下腹部痛などの痛みを生じることがあるので、ロキソニンなどの痛み止めで緩和させようという人もいるかと思われますが、鎮痛剤はその場しのぎの対策であるため、根本的に改善したいのであれば長期間の服用は体に対する耐性もできるのであまり良くないとされています。

では、大量の女性ホルモンが含まれていて人工的に子宮内膜をはがす作用のあるアフターピルなら効果があるのでは考える人もいることでしょう。

しかし、あくまでアフターピルは妊娠を緊急に回避したいときのための緊急避妊薬です。
100%ではありませんがかなり高い確率で妊娠せずに済む効果が得られますが、子宮内膜症を緩和させたいのであればアフターピルではなく、継続的に飲むタイプの低用量ピルがおすすめです。

低用量ピルは副作用が少なく、継続的な服用で子宮内膜症の緩和に効果があるとされています。
生理期間を除いて毎日飲み続けなければいけないので、その分薬代にかかる費用もかなり必要となりますが、あまりに子宮内膜症の症状が重い場合には病気と認定されれば、本来避妊目的のための低用量ピルは保険適用外ですが、保険適用が可能になります。

最近ではネット通販などでも購入ができますが、初めて服用する場合には相談を含めて婦人科で診てもらうことをおすすめします。

自己判断せずに、まずは婦人科で相談するのが良いでしょう。